2016.1月号vol.9

焼き芋 激走物語

冬といえば焼き芋が美味しい季節ですよね。

先日、午前の診療が終わった時、スタッフに「先生、焼き芋屋さんが来てますよ!」と言われ、外を見ると焼き芋屋さんの車が停まっているではありませんか。

無類の焼き芋好きの私は、すぐに私服へ着替え、妻からもらったおこづかいを握りしめ、外に飛び出しました。「えっ!!」焼き芋屋さんの車がいない。。。

冷静に耳を澄ませてみると

「い~しや~きぃも~。おいもだよ。甘くて美味しいおいもだよ。」

聞こえる。。。私の大好きなあのメロディーが。

まだ近くにいることを確信した私は運動不足の体に鞭を打ちながら走る、走る。

「いたっ!!」100m先に先ほど見たあの車が。あと50m、40m。。。「ブルルンッ」何と!車が動きだしたではありませんか。

「ま、待ってくれ!クリニックにはお腹を空かせたスタッフが待っているんだ」私の強い思いが通じたのか、鬼気迫る表情で走っている私に気付いてくれました。

「や、焼き芋を5個ください」ついに、

ついに焼き芋を手にする事ができました。

IMG_0738

焼き芋の紙袋を抱きしめ、プルプルする足でスタッフの待つクリニックに戻りました。また来てくれたらいいな~とスタッフ全員で話しながら、美味しく頂きました。

広告

2016.1月号vol.9

歯科治療と金属アレルギー

昨年の11月25日にテレビで放送された

「ザ!仰天ニュース 恐怖のアレルギー」をご覧になりましたか?

この放送では、病院から処方された薬が原因で、「スティーブンス・ジョンソン症候群」という日本では難病に指定されているアレルギー反応が出てしまった女性のエピソードが紹介されていました。

近年では、アレルギーを持たれている方も多く、

花粉や小麦粉、猫など様々な要因で体に異変を起こしてしまいます。

歯科でアレルギーと聞いても、あまりピンとこない方が多いと思いますが、実際は深い関係があります。

歯科で見かけるアレルギーの多くは、『金属アレルギー』です。

金属アレルギーは、銀やニッケル、コバルトなどの成分が皮膚と接触する事で起きるアレルギーですが、実は歯科で使う銀歯でも同様にアレルギー反応が起こり得ます。

アレルギー反応の原因となる金属や、症状は人によって違いがありますので、気になる方は、当院スタッフにご相談頂くか、皮膚科にて検査を受けることをおすすめ致します。

2016.1月号vol.9

謹賀新年2016

明けましておめでとうございます!

皆さんは、年末年始はどのようにお過ごしになられましたか?

当院は、昨年5月に開院し、今回初めてのお正月を迎える事が出来ました。

今年の山本歯科クリニックは、

来院された皆さんの、診療までの待ち時間の短縮、次回受診までの期間短縮の為、診療チェアも1台増設予定です。

また、4月・6月・9月には、山形県酒田市にある「日吉歯科診療所」主催の『痛くならない為の歯科医療 予防歯科』について医院スタッフと山形県まで勉強しに行ってきます。

当院の待合室モニターでも、ご覧頂いております「日吉歯科診療所の熊谷崇院長」によるセミナーです。

皆さんのお口の健康をお守りできる1年になるよう、スタッフ一同励んでいきますので、宜しくお願い致します。

2015.12月号vol.8

食感はどこで感じる?

12月と言えば、クリスマスですね。

クリスマスにはクリスマスケーキを食べるという方も多いと思います。「ふわふわ」で甘いケーキは美味しいですね。

「ふわふわ」や「もちもち」など、日本語には食感を表現する言葉が数多くありますが、この『食感』や『歯ごたえ』はどこで感じ取っているかご存知でしょうか?

歯の表面はエナメル質で覆われていて、このエナメル質自体は無機質で感覚もありません。

エナメル質の内側は象牙質(ぞうげしつ)や歯髄(しずい)があります。

その歯髄には、神経もある為ムシ歯などの痛みは感じますが『歯ごたえ』を感じる器官ではありません。

では、歯の根はどうでしょう?

歯の根の周りには、『歯根膜(しこんまく)』という組織があります。

歯根膜は、歯に伝わる力を吸収したり、センサーの役割も持っているので噛む力の調整もしています。

つまり、この『歯根膜』と、顎を動かす筋肉により『食感』や『歯ごたえ』を感じているのです。

楽しみながら食事をしていく為にも、歯1本1本を大切にしていきましょう。

2015.12月号vol.8

皆さん、こんにちは。

今年5月の開院から、毎月発刊している「山本歯科クリニック」のニュースレター『きらら通信』も今回で第8号です。

当初は、毎月の発刊に不安もありましたが、

『きらら通信』を読んでいただいた方からの感想や、『きらら通信』がきっかけとなって生まれた会話を励みに、継続する事が出来ました。今回で2015年は最後になりますが、

来年も【歯の大切さ】【お口の健康の価値】【当院の活動】【院長の活動】など、お伝えしていきたいと思いますので、

宜しくお願い致します。