2016.9月号vol.17

北海道デンタルショー

8月20日(土)の診療後は、札幌で開催された北海道デンタルショーに参加してきました。

北海道デンタルショーは、毎年8月に札幌パークホテルで開催され、歯科関連メーカー国内外100社以上が新製品などを展示します。

自動車でいうとモーターショーのようなイベントです。

私たちは、日頃お世話になっているメーカーさんへの挨拶後、新しい歯科診療材料や、治療器具、医療設備など各メーカー担当者からの説明を直接聞き、実際に製品に触れることが出来ました。

全ての歯科治療は、器具や材料を必ず使用するため、安全性や効果など様々な角度から検証しますが、今年も欲しい製品がいっぱいあり困ります。

デンタルショー終了後はスタッフと、食事を楽しみました。

広告

2016.9月号vol.17

全身医療と歯科治療

皆さんは、BP製剤(ビスフォスフォネート製剤)をご存知でしょうか?

BP製剤は、「骨粗鬆症」「老人骨折」「骨転移のがん」などの治療多く処方されており、超高齢社会に入った日本では、高齢者の重大な骨折を防ぐ目的から処方される場合もあります。

日本には、1,300万人の骨粗鬆症患者がいると推測されており、そのうち100万人以上の方がBP製剤の処方を受けています。

BP製剤は、骨粗鬆症治療薬として有用であり世界中で使用されていますが、歯科治療と大きな関わりがあります。

BP製剤を服用されている方は、歯を抜く治療や、他の外科的治療を行った後に骨が上手くつられず顎骨壊死(骨が腐る)を起こす場合もあります。

歯科治療と全身医療は、関連性があることから、歯科治療を受診するときは、現在服用している薬を伝えることや、お薬手帳を見せる、患っている病名を正しく伝えることが大切です。

2016.9月号vol.17

毎週金曜は歯科衛生士ミーティング

当院は、毎週金曜日のお昼休みを利用して、歯科衛生士ミーティングを行なっています。

歯科衛生士ミーティングは、歯科医師や受付、トリートメントコーディネーターは参加せず、歯科衛生士のみで行います。

一週間の業務で確認するべきことや、それぞれが感じた疑問などを一つ一つ解決していき、問題点や反省点、気づいたポイントを共有することで、意識の統一を目指し、必要に応じて診療実習も行います。

8月19日(金)のミーティングでは、気になる患者様のメンテナンスメニューを確認する他に、患者様のお口の状況を管理していくために大切な口腔内写真(お口の写真)を撮るタイミングや、撮影ポイントなど細かな注意点を確認しました。

今後も、患者様のお口の健康をお守りできる歯科衛生士の育成のため、山本歯科クリニックの成長のために、歯科衛生士ミーティングを継続していきます。