2017.11月号vol.31

ムシ歯のメカニズム

皆さんの中には、

毎日歯磨きをしているのに、ムシ歯になってしまった。

あまりお菓子など甘いものは食べていないのに、ムシ歯になった。

という経験がある方も多いと思います。

「なぜムシ歯になってしまうのか?」皆さんはご存知でしょうか?

歯磨きをしっかりすることや、糖分の摂取を控えることは、ムシ歯予防に大切なことですが、それだけではムシ歯リスクを大きく下げることは出来ません。

ムシ歯を予防するためには、「①歯や唾液(だえき)の性質」と、

「②お口に潜む細菌のタイプと菌数」、「③食習慣」の、3つの条件と、そこに関わる時間をコントロールすることが重要です。

当院は、まず唾液検査をすることで、あなたのお口の性質を診断し、最適なお口のメンテナンスプログラムをご提案することで、ムシ歯予防をお届けしています。

また、ムシ歯予防につながる食習慣についてもお伝えしております。

広告

2017.11月号vol.31

オーラルフィジシャンチームミーティング

10月7日(土)8日(日)は、山形県酒田市で開催された「オーラルフィジシャンチームミーティング」に、当院スタッフと共に参加しました。

オーラルフィジシャンとは、むし歯や歯周病にならないための予防や、その原因を取り除き、お口の健康を総合的に管理していくことを主体とした診療を行う歯科医療のことです。

前日の6日(金)の午後より山形県に向けて出発したため、金曜の午後診療、土曜診療が休診となってしまい皆様にはご迷惑をおかけしました。

「オーラルフィジシャンチームミーティング」の主催は、当院待合室のモニターで放映している「日吉歯科診療所 院長の熊谷崇先生」です。

熊谷先生は、予防歯科という考えが日本に定着する前から、口腔健康を守るために大切なことや、私たち歯科医療従事者がやるべきことを強く発信し、日本の予防歯科を牽引されている代表的な先生です。

当院も受講した「オーラルフィジシャン育成年間コースセミナー」に参加した医院のみが、参加できる「オーラルフィジシャンチームミーティング」ですが、本当にたくさんの歯科医院が全国各地より参加されていて、酒田市のホテルはどこも予約で満室になるほどでした。

予防歯科の普及を改めて実感しました。

スクリーンショット 2017-11-12 2.38.25

この2日間では、全国の予防歯科を主体とした歯科医院の取り組みを中心に、イギリス・タイの歯科医師から歯科教育の在り方、歯科医療の取り組みについての講演がありました。

また、日本企業の健康維持に対しての取り組みなどの講演もあり、貴重な学びを得ることが出来ました。

今回、私たちは「オーラルフィジシャンチームミーティング」に初めて参加することが出来ましたが、大会を終えて、ここ江別から日本の歯科医療をもっと変えていき、皆さんの口腔健康につながる歯科医療をもっともっと届けていきたいと改めて強く決意しました。