2018.2月号vol.34

健康につなげる「初期治療」

当院は、お口の健康を守り続ける「予防歯科」を主体とした診療を行っています。

現在、通院されている方の中には「いつになったら歯の治療が始まるんだろう?」と、疑問を感じることもあると思います。

歯の治療前に我々が行っているのは「初期治療」といい、主に歯科衛生士が担当します。

その「初期治療」では、お口の健康を害する主な原因である、虫歯菌や歯周病菌をなるべく少なくする事、正しいブラッシングを身につける事、生活環境(主に食生活)の改善、歯茎の状態の改善等を行っていきます。

「歯磨きをちゃんとしていれば虫歯や歯周病にならない」と思われている方も多いと思いますが、実際には、歯磨きだけでは衛生的なお口の環境を維持していくことは難しく、お口の状態を悪くする原因は、患者さんそれぞれで違いがあります。

口の中の問題がなぜ起こったのかを突き止めて、そこを改善しないまま、歯を削る治療だけ行っても、また同じように虫歯ができる場合が多く、逆に、それを見つけて、改善できれば口腔健康は維持することが出来ます。歯科医療とは本来、虫歯や歯周病のない健康な口腔内で、生涯にわたってご自身の歯で美味しく食事ができるように健康な口腔を維持させる事です。

そのためにはこの「初期治療」は最も重要な過程となります。

広告