2018.3月号vol.35

効果的フッ素の活用で歯を守る

皆さんは、フッ素という言葉を聞いたことはありますか?

最近は、テレビなどでも耳にする機会も多いかと思います。

ムシ歯予防に効果が認められている「フッ素」は、WHO(世界保健機構)やFAO(食糧農業機構)では、必須栄養素としています。

フッ素は、土壌で育つ野菜や果物、魚介類や海藻類にも含まれていますが、日常生活の中でムシ歯予防に効果を発揮するほど摂取することは、難しいと言われています。

フッ素を歯に取り込むためには、毎日の歯磨きで「フッ素入り歯磨き剤」の使用や、歯医者さんで『フッ素塗布』の施術が効果的です。

ご自宅で使用する「フッ素入り歯磨き剤」は、歯を守るためにも日常的に使用することで、予防歯科の基本になりますが、定期的に歯科クリニックで高い効果を期待できる「歯科フッ素塗布」を行うことで、より高い予防効果を得ることが出来ます。

「フッ素入り歯磨き剤」で毎日歯を磨き、そして、年3回~4回歯医者さんでお口のクリーニングとフッ素塗布により『ムシ歯リスクは大きく抑える』ことが出来ます。

広告

2018.3月号vol.35

むし歯予防につながるフッ化物配合歯磨剤

皆さんは、毎日の歯みがきで、どのような歯みがき剤を使用されていますか?

むし歯予防効果の高い「フッ素」が含まれている歯みがき剤を使用している方も多いと思います。

フッ素が含まれている歯みがき剤を「フッ化物配合歯磨剤」と言いますが、この「フッ化物配合歯磨剤」は、2016年時点で市場の91%を占めるまで拡大しました。

当院でも、成人用、お子様用の「フッ化物配合歯磨剤」をそれぞれ取り扱っています。

成人の方にご案内しているフッ化物配合歯磨剤『チェックアップスタンダード』のフッ素濃度は『1,000ppm』でしたが、今回、製品リニューアルによって、『1,450ppm』のフッ素濃度になりました。

このことで、14%~22%のむし歯予防効果の上昇につながるというデータが発表されています。

チェックアップスタンダードは、6歳以上であればお子様でも使用できますので、ご質問など、詳しいお問い合わせは当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

スクリーンショット 2018-03-15 2.15.46