2018.10月号vol.42

より安全なインプラント治療が可能に

歯を失ってしまった場合の治療法の一つにインプラント治療がありますが、インプラント治療と聞くと「怖いな」と思われる方が多いのではないでしょうか?

従来のインプラント治療は、CTを撮影し、その画像データを基にどの位置に、どの方向でどの大きさのインプラントをどれぐらいの深さで埋入すれば、血管や神経を避けれるのかを検証しインプラントを行っていました。

通常、手術を行う時には、それらのデータを頭に入れた状態で行いますが、狭い口腔内でそれらを考えながら行うことにはリスクもありました。

そこで、より安全に正確なインプラント治療を行うために当院では「インプラントシュミレーションシステム」を導入しました。

撮影したCTを基に下図1のようなシュミレーションをパソコン上で行い、インプラントを埋入する位置、方向、長さ等を決定します。

そのデータで今度は特殊なマウスピース(下図2)を作成します。

そのマウスピースによって、シュミレーションした位置、方向、長さが全て決定されてるので、そのマウスピースに合わせて手術を行うことによってシュミレーション通りのインプラント手術が可能になります。

インプラント治療に不安を持たれている方はお気軽にご相談ください。

広告

2018.10月号vol.42

歯を守る力のコントロール

先々月号の、きらら通信(8月号vol.40)では、歯に過度の力が掛かることで、歯を支える骨が壊されてしまう『咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)』についての解説をしました。

『咬合性外傷』のほかにも、咬み合わせと歯を守ることには大きな関係があります。

ムシ歯や歯周病は「細菌」によって歯が失われてしまいますが、悪い咬み合わせでは「力」によって歯が失われてしまう場合があります。

高齢になり入れ歯をつくるとき、前歯よりも奥歯の入れ歯をつくる方が多いのは、生活の中で前歯よりも奥歯により大きな力が働くためで、咬み合わせが歯に与える影響の大きさがわかります。

そのため当院では、定期検診や初めて来院されたときには、正しい咬み合わせが出来ているかの診断を行なっています。

咬み合わせの診断では、過度に咬む力が集中している部分や、歯の揺れを確認し、必要に応じて対応します。

また、様々な治療においても、良い状態の咬み合わせにつながる治療に取り組んでいます。

ムシ歯や歯周病のように、細菌に対しての治療だけではなく、お口の力を最適にコントロールすることも大切な歯科治療です。

2018.10月号vol.42

小児歯科冊子

以前より、制作に取り組んできました山本歯科クリニックの『小児歯科冊子』が完成しました。

8月に開催した「子どもの歯を守るセミナー」に参加された方にもお配りさせて頂きました。

成人になってからの「お口の健康」を支える要素の一つに、幼少期のお口の環境管理があげられます。

当院は、子ども達のお口の健康を守っていくことが、将来的に地域のお口の健康の維持につながると考え「小児歯科冊子」を作りました。

「小児歯科冊子」には、お子様の歯の磨き方や、年齢ごとに注意するべき歯磨きポイント、健康な歯を守っていくための注意点などを掲載しております。

乳歯にムシ歯があっても、適切な処置や管理によって、健康な永久歯でムシ歯ゼロを目指しましょう。

ご希望の方には、無料で配布しておりますので、気になる方はお気軽に当院スタッフまでお知らせ下さい。