2018.10月号vol.42

より安全なインプラント治療が可能に

歯を失ってしまった場合の治療法の一つにインプラント治療がありますが、インプラント治療と聞くと「怖いな」と思われる方が多いのではないでしょうか?

従来のインプラント治療は、CTを撮影し、その画像データを基にどの位置に、どの方向でどの大きさのインプラントをどれぐらいの深さで埋入すれば、血管や神経を避けれるのかを検証しインプラントを行っていました。

通常、手術を行う時には、それらのデータを頭に入れた状態で行いますが、狭い口腔内でそれらを考えながら行うことにはリスクもありました。

そこで、より安全に正確なインプラント治療を行うために当院では「インプラントシュミレーションシステム」を導入しました。

撮影したCTを基に下図1のようなシュミレーションをパソコン上で行い、インプラントを埋入する位置、方向、長さ等を決定します。

そのデータで今度は特殊なマウスピース(下図2)を作成します。

そのマウスピースによって、シュミレーションした位置、方向、長さが全て決定されてるので、そのマウスピースに合わせて手術を行うことによってシュミレーション通りのインプラント手術が可能になります。

インプラント治療に不安を持たれている方はお気軽にご相談ください。

広告