2019.4月号vol.48

1日4粒のキシリトール

キシリトールが含まれたガムやタブレットが店頭に並ぶようになり、キシリトールは一般的にも広く知られる成分となりました。

キシリトールは、ムシ歯予防に効果があることをご存知の方も多いと思います。

キシリトールには、ムシ歯をつくる「ミュータンス菌」を減少させることで、ムシ歯の原因となる酸の生成を抑制する働きがあります。また、甘みがあることから、だ液を多く出させる効果によってムシ歯になりにくいお口の環境をつくる効果や、一定時間以上お口の中に入れていると、ムシ歯の原因となる歯垢が付きにくくなるほか、歯の再石灰化を促し、硬く強い歯の形成に繋げることが出来ます。

ムシ歯予防のためには、1日に4粒の摂取が効果が出る目安となっており、食後に取ることでより効果が期待できます。

また、ムシ歯になりやすい方は、間食後や就寝前に取ることも効果があると言われています。

しかし、キシリトールの摂取だけでムシ歯予防に繋げることは難しいので、しっかりと毎日の歯のケアと、歯科医院で定期メンテナンスを受けることも大切です。

広告

2019.4月号vol.48

健康になる素材を使用した治療

2月24日(日)は、札幌歯科医師会主催で「歯科治療と金属アレルギー」をテーマにセミナーが開催され、当院受付の野上とトリートメントコーディネーターの林が参加しました。

ムシ歯の治療をした歯が銀歯になっている方もいらっしゃると思いますが、世界の一般的な歯科治療では、金属を使用していないことはご存知でしょうか?

日本では、アマルガムという水銀化合物である金属素材が保険適用となっていましたが、平成30年にやっと保険適用から外されました。

現在の日本の保険治療で主に使用している銀歯(12%金銀パラジウム合金)は、金属アレルギーの原因となることもあるので、医療先進国のドイツなどでは、乳幼児や妊婦への使用は禁止されています。

もちろん、アマルガムの使用も禁止されています。

当院では、一人ひとりの患者様に自分自身の健康への関心を持って頂き、ムシ歯などから歯を守る治療や、安全な治療につながる素材をご案内しています。

また、金属アレルギーと診断された方は、本来は保険適用外の冠も一部保険が認められる場合があります。

2019.4月号vol.48

威厳をかけた家族スキー

皆さんこんにちは。院長の山本です。先日10数年ぶりにスキーに行ってきました。小学1年生の娘が今年からスキーを始め、「連れて行って」と言われるので行くことになりました。

愛媛出身の私にはスキーはあまり馴染みがなく、大学時代に時々行くぐらいでしたが、歯科医になってからは行くことがありませんでした。スキー一式をレンタルし、出発。

盤渓スキー場に到着し、久々のスキーブーツ。

「あれっ?入らない」無理やり足をブーツに滑り込ませるのに約10分。もうすでに汗だくです。

そして、待望のゲレンデへロボットのような歩き方でいざ出陣。

父の威厳を保つためにも娘に不細工な姿は見せられません。

リフトに乗り頂上へ。娘に「よく見とけよ」と言い残し、滑走開始。

限界まで足を開いた渾身のボーゲン(ハの字)滑走でゆっくり降りていきます。顔は引きつり、冷や汗が出ます。

その横を娘がスイスイと追い越していきます。。。「とうとう父を超えたか。フッ。」と複雑な気持ちのまま、次のリフトを待つ山本家族でした。