2019.4月号vol.48

1日4粒のキシリトール

キシリトールが含まれたガムやタブレットが店頭に並ぶようになり、キシリトールは一般的にも広く知られる成分となりました。

キシリトールは、ムシ歯予防に効果があることをご存知の方も多いと思います。

キシリトールには、ムシ歯をつくる「ミュータンス菌」を減少させることで、ムシ歯の原因となる酸の生成を抑制する働きがあります。また、甘みがあることから、だ液を多く出させる効果によってムシ歯になりにくいお口の環境をつくる効果や、一定時間以上お口の中に入れていると、ムシ歯の原因となる歯垢が付きにくくなるほか、歯の再石灰化を促し、硬く強い歯の形成に繋げることが出来ます。

ムシ歯予防のためには、1日に4粒の摂取が効果が出る目安となっており、食後に取ることでより効果が期待できます。

また、ムシ歯になりやすい方は、間食後や就寝前に取ることも効果があると言われています。

しかし、キシリトールの摂取だけでムシ歯予防に繋げることは難しいので、しっかりと毎日の歯のケアと、歯科医院で定期メンテナンスを受けることも大切です。

広告