2019.6月号vol.50

歯ブラシよりもフロスが大切

皆さんは、毎日の歯磨きのときにフロスも使用していますか?

フロスは、お口の健康価値が高い欧米では、歯ブラシよりもフロスの使用を重視しているほど、お口の健康を守るために大切な役割を持っています。

ムシ歯や歯周病の原因となる細菌は、歯と歯の隙間に繁殖することが多く、歯ブラシでは汚れを取り除くことができない「歯と歯の隙間」に注意が必要です。

ムシ歯は、見えにくいところ、歯ブラシで磨きにくい部分からできることからも、隙間や境目の衛生を維持する大切さがわかります。

フロスは、欧米から入ってきたもので、欧米では「フロスを使うか歯を失うか」という言葉もありますが、日本では「歯ブラシを使うか歯を失うか」という言葉に変換され、フロスの普及も遅れています。

大切な歯を守り続けるためのセルフケアには、歯ブラシも大切ですが、最も大切なのはフロスを使った歯磨きになります。

広告