2019.11月号vol.55

えべつ健康フェスタ2019

10月6日(日)は、野幌公民館で開催された「えべつ健康フェスタ2019」に運営サポートとして参加しました。

このイベントは、江別市の主催で毎年開催されており、今年も地域の方々を中心に150人ほどの来場をいただきました。

私は、札幌歯科医師会江別支部が出展した「お口の健康チェック」コーナーを担当しました。

このほかにも、イベント会場では、様々な健康チェック体験ブースをはじめ、むし歯予防のフッ化物洗口体験や、体力チェックなども行われました。

また、特設会場には、江別の農家さんが中心となって活動をされている週末1日だけの特別な野菜直売所「ふたりのマルシェ」さんが出展されており、大盛況の様子でした。

このような地域に根付いた「食と健康」をテーマにした活動の大切さを身をもって体験できた1日となりました。

2019.11月号vol.55

全6回 歯内療法セミナー スタート

10月5日(土)は、全6回の歯内療法セミナーの第1回目に参加しました。

歯内療法とは、歯の根の治療のことで、歯の根には神経もあることから、歯を守るためにも重要な治療分野の一つです。

このセミナーは、毎月1回ほどのペースで行われ、約6ヶ月間をかけて歯内療法についての高い技術と専門的な知識を学びます。

むし歯などの歯科治療によって、どれだけ外側の歯が綺麗になっても歯の中の病気が治っていないと何度も治療を繰り返すことになり、歯の寿命にも影響を与えることになります。

歯の根の病気の主な原因は細菌であるため、この細菌を高い精度で取り除くことが大切です。

当院では、精密な歯内療法を目指し、マイクロスコープによる根の治療を行なっていますが、このセミナーで世界基準の歯内療法を学び、より質の高い歯内療法を求めていきます。

2019.11月号vol.55

快適な入れ歯 金属床義歯

入れ歯は、食事や会話など身近な喜びを支えるのに非常に大切です。

入れ歯には、たくさんの種類があり、大きく分けると保険適用と保険適用外(自費)になります。

保険適用の入れ歯は、比較的安価ではありますが、使用する材料や入れ歯の設計などに細かな制限が決められているため、患者様の要望にお応えできない場合があります。

保険適用外(自費)の入れ歯には、決められた制限がなく、患者様のお口の状況に合わせた入れ歯の設計が可能になるほか、理想的な材料などを使用することで、より快適な入れ歯を作製することができます。代表的な保険適用外(自費)の入れ歯に「金属床義歯(きんぞくしょうぎし)」があり、材料には金属を使用するのが特徴になります。

金属を使用することで、入れ歯を薄くできるため、会話がしやすくなることや、温度の伝わりが向上することで、食べ物の温度を感じる美味しい食事を摂ることができます。

そのほかにも、違和感が少ない、汚れが着きにくい、耐久性に優れているなどの特徴もあります。

現在の入れ歯で、会話がしにくい、食事が美味しく感じない、違和感があるなどのお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。