2020.1月号vol.57

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月は、長く休みがとれたという方も多かったと思います。また、新年ということで新たな目標を立てた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当院は、今年の5月に開院5周年を迎えるあたり、改めて患者様はじめ、地域の皆様や、共に働くスタッフへの感謝の気持ちを忘れず、基本を大切にしっかり歩んでいきたいと思います。

2020年の山本歯科クリニックも、患者様の健康や気持ちに向き合い、笑顔につながる診療を目指し、健康につながる質の高い歯科治療と、健康を守り続ける予防歯科を届けて参ります。

また、今年の夏には東京オリンピック開催や、オリンピック種目のマラソン・競歩は札幌で行われることになったため、大きな盛り上がりを期待しています。

本年も「山本歯科クリニック」をどうぞ宜しくお願い致します。

2020.1月号vol.57

子どものためにも大切な親御さんの健康

お子様のお口の健康を守っていくためには、一緒に住む家族のお口の健康も大切です。

特に、家庭で子どもと生活の長い時間を過ごすことが多い方のお口の健康状態は、子どもへの影響も大きくなります。

親御さんのお口の中に、むし歯菌や歯周病菌などの悪い細菌が多い場合は、子どもにその細菌が感染する可能性も高くなってしまいます。

そのため、当院では「だ液検査」を受けていただくことで、現在のお口の性質を診断し、親御さんのお口の性質が健康的でない場合には、適切な診療プログラムによって健康なお口を目指します。

ご家族のお口が健康的でない時期には、お子様とお箸やコップの共有は避けた方が細菌の感染リスクの軽減に繋がります。

また、お子様が3歳になるまでは、お子様のお口の環境を衛生的に保つことが大切になりますが、3歳以降も定期的に歯医者さんでお口のメンテナンスを受けることで、将来の健康に繋がります。

ご家族と子どもにとって、安心できるスキンシップのためにも、家族みんなのお口の健康を守ることが大切です。

2020.1月号vol.57

上江別小学校 就学児健診

昨年の11月27日(水)は、今年の4月に新一年生になる子どもたちのお口の健康状態を診察する「就学児歯科健診」を行うために上江別小学校に行ってきました。

これから通う小学校に興奮気味の子や、少し緊張している子など、その様子は一人ひとり違い、とても微笑ましく見えました。

私は、2018年の9月に上江別小学校の学校歯科医に任命され、これまで学校健診のほか、昨年の7月には3年生を対象にした歯磨き教室なども行なってきました。

今回健診した子ども達の歯は、上江別小学校に通う子ども達と同じように、全体的にムシ歯が少ない健康的なお口の状態でした。

近年の子どもは、親御さんの意識の変化もありムシ歯は減少傾向にあります。しかし、生活習慣や口呼吸の影響によって、正しい顎(あご)の発育ができずに、歯並びが悪くなってしまう場合があります。

まだ乳歯が多い年齢でも、歯並びに疑問や不安がある場合には、お気軽に歯医者さんでご相談ください。