2020.2月号vol.58

本当は複雑な歯の根(神経)

昨年の10月からスタートした「全6回歯内療法セミナー」も3月の修了に向けて順調に進んでいます。

歯内療法とは、歯の根の治療のことですが、歯の根には神経もあるため、治療した歯のこれからの健康にも影響する重要な治療分野の一つです。

ムシ歯になると、ムシ歯菌は少しずつ歯の内部中心にある神経に向かって進行していき、神経がムシ歯菌に感染したときの治療が歯内療法になります。

「歯の根(神経)」と聞くと、皆さんはどのような形をイメージするでしょうか?

イラストなどの歯の中を1本の線が通るようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、実際の歯の根(神経)の形は、個人差があり、とても細く複雑な場合もあります。

当院では、複雑な歯の根(神経)の治療でも、高い治療精度を目指すためにマイクロスコープを使用するほか、治療中にお口の細菌が歯の根に侵入することを防止するラバーダムも使用することで、質の高い歯内療法に取り組んでいます。

このセミナーでは、難しい症例に対して出来るだけ治療の成功率を上げるための深い知識と高い技術の習得を目指しています。