2020.5月号vol.61

口福の饅頭

先日、スタッフから嬉しい差し入れがありました。

差し入れは、「かりんとう饅頭(まんじゅう)」です。

ご存知の方も多いと思いますが、「かりんとう饅頭(まんじゅう)」は、長沼町の森下松風庵さんの看板商品で、1950年の創業から200万本以上を販売しているそうです。

「かりんとう饅頭(まんじゅう)」は、沖縄県産黒糖を練り込んだ生地で、長沼産子豆で作った餡(あん)を包んだもので、軽い食感と程よい甘さが絶妙で、一つ食べると止まりません。

最近体重が気になる私ですが、さらに体重計を避けちゃいそうです。森下松風庵さんのホームページを見てみると、ネット注文もできるため、お忙しい方でも購入できるようです。

森下松風庵さんのホームページには、「私たちはお菓子で世界を口福(こうふく)にしていきます」というキャッチコピーがあり、私は勝手に歯科と通ずるものを感じました。

「お口の健康があるから幸せな食事ができる」

健口(けんこう)から口福(こうふく)に繋げる歯科医療を目指します。とても美味しかったです!