2021.5月号vol.73

インプラント治療臨床セミナー

3月13日(土)14日(日)の2日間に渡って開催されたインプラント臨床セミナーに参加しました。

今回は、セミナーの講師を務める先生のアシスタントという役割もあり、特別な経験を積むこともできました。

セミナーでは、歯を失ってしまった場合の治療法の一つであるインプラント治療を前歯する臨床を実際に見て学びました。

前歯を失ってしまった場合は、特に審美性が重要になるため、美しい歯を再現できるインプラント治療が有効になります。

また、歯だけではなく歯ぐきも健康的でなくてはいけないため、歯ぐきとしっかり馴染むインプラント治療を選択される方も多くいらっしゃいます。

インプラント治療は、入れ歯のように残っている歯に負担をかけることもないため、見た目も美しさやしっかり噛めるだけでなく、残っている歯を守ることにも繋がります。

広く一般的になってきたインプラント治療は、当院でも受けられる方が増えてきていますが、学びを継続することで技術の向上を目指していくことが大切と思います。

2021.5月号vol.73

新型コロナウイルス感染予防に繋がる口腔衛生

お口の中には、どのくらいの細菌が生息しているかご存知でしょうか?一般的な成人のお口の中には、300~700種類の細菌が生息しており

歯磨きなどのケアをほとんどしていない人では1兆個もの細菌が生息していると言われています。

免疫力と口腔環境には深い関係があり、特に歯周病の方は、免疫力の低下だけでなく、心筋梗塞や糖尿病などの全身疾患リスクも大きくなります。

また、最近ではお口が衛生的な人ほど、新型コロナウイルスの感染リスクが低く、万が一感染しても重症化を抑えられる可能性が高いという報告もあります。

お口の衛生環境が悪いと歯周病になり、慢性的に歯ぐきに炎症が起きている状態になるため、出血や腫れが起こります。

このような状態は、新型コロナウイルスなどが口腔粘膜の細胞に結合しやすくなるほか、口腔粘膜の細胞表面を破壊し細胞内にウイルスを侵入しやすくさせてしまいます。

ウイルスから身体を守るためにも、お口の衛生環境が大切です。

参考:神奈川県歯科医師会HP

2021.5月号vol.73

新しいチームの一員

Q.診療で心がけていることは?

A.常に笑顔でいることを心がけています。

Q.今後の目標はありますか?

A.教えてもらうだけでなく、自ら学び知識と技術を身につけてい

   きたいと思います。

Q.今、感じている課題はありますか?

A.手際よく丁寧な仕事をできるようにすることです。

Q.好きな言葉はありますか?

A.「笑う門には福来たる」です!

Q.最後に患者さんへ一言

A.明るい笑顔で健康へのサポートができるよう頑張ります!