2021.6月号vol.74

お詫び

先月、当院スタッフ1名に新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が出たことにより、通院されている皆様に大変なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを改めてお詫びいたします。

スタッフ1名に感染者が出てしまったことで、翌日には私(院長山本)はじめ当院スタッフ全員がPCR検査を受けました。

検査結果としては、ほかのスタッフ全員は陰性で、保健所からは院内感染対策の面からスタッフ・患者さんに「濃厚接触者はいない」という判定も頂きました。

しかし、通院される患者さんの安全性、地域医療を担う立場としての判断から5月12日午後から5月18日までは休診とし、感染対策を十分に行なったうえで、安全性が確認され次第診療を再開することにしました。

感染したスタッフが担当していた患者さん一人一人にご連絡をした際には、皆様の日常を脅かしている状況にも関わらず、厳しくもありがたいお言葉のほか、励ましや応援の言葉もたくさん頂きました。

このような素晴らしい方々の健康をお預かりしていることの責任と感謝の気持ちを改めて実感し、当院としても厳しい状況の中で大きな勇気を頂戴し、本当にありがとうございました。

スタッフ一同、医療人としての行動の在り方をもう一度考え、地域の健康に寄り添える歯科クリニックを目指していきたいと思います。

皆様には、ご理解とご協力をいただきましたこと、改めて感謝するとともにお詫び申し上げます。

院長 山本 崇

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中