2021.8月号vol.76

山本歯科クリニックの歯の根の治療

歯の根の治療は、治療後の歯の寿命に大きく関係する治療の一つです。

当院の「歯の根の治療(根管治療)」では、治療前のCT撮影をおこない、歯の根の形や向きを確認するための3D画像診断によって、精密な診断と治療へと繋げます。

治療では、マイクロスコープを使用することで、患部を最大20倍まで拡大した視野で治療することができるため、細菌をしっかり取り除き、問題が繰り返されるリスクを最小限に抑えた精度の高い治療に取り組んでいます。

また、治療中は患部に唾液が付着することで細菌が侵入してしまうため、当院では治療する歯にラバーダムシートを装着し、より衛生的な治療環境で質の高い歯の根の治療を行なっています。

歯の根の治療は、抜歯の一歩前の治療であり、何度も治療を繰り返すことが難しいため、特に精密な治療が重要になります。

生活習慣、セルフケア、メインテナンスに加えて、質の高い治療を受けることが大切です。

2021.8月号vol.76

夏の大ミーティング2021

7月8日(木)は、休診をさせていただき、山本歯科クリニック恒例の大ミーティングを行いました。

大ミーティングでは、山本歯科クリニックの理念や目指す診療、最善の歯科医療に取り組むためのチーム医療を共有することを目的に行なっています。

今回の大ミーティングでは、当院の「真摯に向き合う」というコンセプトから、患者さんの気持ちに向き合う大切さをスタッフとディスカッションしました。

患者さんにとって最善の治療に繋げるためには、信頼関係がとても大切になるため、私たちはお口の状態だけでなく患者さんの気持ちに寄り添う姿勢も忘れてはいけないと考えています。

そのほか、治療の際に患者さんの過度な緊張や麻酔による容態の急変に対する救急対応についても再度認識を深め、万が一の場合にも冷静に対応できる対策を確認しました。

今後も、スタッフ全員とクリニックの改善点を見つけ話し合い、より良い歯科医療に繋げていきます。

2021.8月号vol.76

バランスが大切な自律神経

最近、疲れや眠気、動悸や息切れなどを感じることはありませんか?

このような症状がある場合、自律神経が乱れているせいかもしれません。自律神経は、末梢神経の1つで、自分の意思で動かす運動神経などの体性神経とは違い、自分の意思で動かすことができない神経です。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つの神経バランスが大切と言われています。

自律神経の良いバランスを保つためには、生活習慣と食習慣、適度な運動という健康維持にも欠かせない3つの要素が大切です。

生活習慣では、寝起きから神経を興奮させないためにも少し早起きして余裕のある行動と1杯の水を飲み、陽の光を浴びることや、就寝の1時間半前に入浴することが効果的です。

食習慣では、お酒やタバコは控え、免疫細胞の75%が存在する腸を整えるために、食物繊維(発酵食品・納豆・チーズ・味噌汁)を意識的に摂取すると良いでしょう。

運動は、あまり激しくない方が良く、30~40分のウォーキングが効果的です。

また、根拠のない焦りや不規則な生活はできるだけ避け、音楽鑑賞や笑顔でいることを増やすことで気持ちを安定させることも自律神経を整えるために効果があります。