2018.10月号vol.42

より安全なインプラント治療が可能に

歯を失ってしまった場合の治療法の一つにインプラント治療がありますが、インプラント治療と聞くと「怖いな」と思われる方が多いのではないでしょうか?

従来のインプラント治療は、CTを撮影し、その画像データを基にどの位置に、どの方向でどの大きさのインプラントをどれぐらいの深さで埋入すれば、血管や神経を避けれるのかを検証しインプラントを行っていました。

通常、手術を行う時には、それらのデータを頭に入れた状態で行いますが、狭い口腔内でそれらを考えながら行うことにはリスクもありました。

そこで、より安全に正確なインプラント治療を行うために当院では「インプラントシュミレーションシステム」を導入しました。

撮影したCTを基に下図1のようなシュミレーションをパソコン上で行い、インプラントを埋入する位置、方向、長さ等を決定します。

そのデータで今度は特殊なマウスピース(下図2)を作成します。

そのマウスピースによって、シュミレーションした位置、方向、長さが全て決定されてるので、そのマウスピースに合わせて手術を行うことによってシュミレーション通りのインプラント手術が可能になります。

インプラント治療に不安を持たれている方はお気軽にご相談ください。

広告

2018.10月号vol.42

歯を守る力のコントロール

先々月号の、きらら通信(8月号vol.40)では、歯に過度の力が掛かることで、歯を支える骨が壊されてしまう『咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)』についての解説をしました。

『咬合性外傷』のほかにも、咬み合わせと歯を守ることには大きな関係があります。

ムシ歯や歯周病は「細菌」によって歯が失われてしまいますが、悪い咬み合わせでは「力」によって歯が失われてしまう場合があります。

高齢になり入れ歯をつくるとき、前歯よりも奥歯の入れ歯をつくる方が多いのは、生活の中で前歯よりも奥歯により大きな力が働くためで、咬み合わせが歯に与える影響の大きさがわかります。

そのため当院では、定期検診や初めて来院されたときには、正しい咬み合わせが出来ているかの診断を行なっています。

咬み合わせの診断では、過度に咬む力が集中している部分や、歯の揺れを確認し、必要に応じて対応します。

また、様々な治療においても、良い状態の咬み合わせにつながる治療に取り組んでいます。

ムシ歯や歯周病のように、細菌に対しての治療だけではなく、お口の力を最適にコントロールすることも大切な歯科治療です。

2018.10月号vol.42

小児歯科冊子

以前より、制作に取り組んできました山本歯科クリニックの『小児歯科冊子』が完成しました。

8月に開催した「子どもの歯を守るセミナー」に参加された方にもお配りさせて頂きました。

成人になってからの「お口の健康」を支える要素の一つに、幼少期のお口の環境管理があげられます。

当院は、子ども達のお口の健康を守っていくことが、将来的に地域のお口の健康の維持につながると考え「小児歯科冊子」を作りました。

「小児歯科冊子」には、お子様の歯の磨き方や、年齢ごとに注意するべき歯磨きポイント、健康な歯を守っていくための注意点などを掲載しております。

乳歯にムシ歯があっても、適切な処置や管理によって、健康な永久歯でムシ歯ゼロを目指しましょう。

ご希望の方には、無料で配布しておりますので、気になる方はお気軽に当院スタッフまでお知らせ下さい。

2018.9月号vol.41

2018夏・大ミーティング

7月28日(土)は、診療を休診させていただき、当院恒例の大ミーティングを行いました。

開院以来、半年に1回のペースで実施している大ミーティングも今回で6回目を迎えました。

今回の大ミーティングでは、昨年の11月から今年3月までの期間で実施した患者様アンケートの調査結果について全員で話し合いました。

アンケートについては、すでに取り組んでいるものや、改善されていることもありましたが、受付の電話対応や、院内での私たちの会話など、全員で意識を統一して取り組むことが大切なことを中心に今後の方針を決めていきました。

ほかにも、日々の診療においての課題についてや、今後導入を予定している新たな診療機器についてなどを議題に、とても貴重な時間にすることが出来ました。

2018.9月号vol.41

第1回 子どもの歯を守るセミナー

8月4日(土)は、夏休み企画として『子どもの歯を守るセミナー』を開催しました。

たくさんのご家族に参加いただき、ありがとうございました。

当院は、開院当初より歯が痛くならないための歯医者さんとして、予防歯科に取り組み続けております。

今回のセミナーでは、将来のお口の健康にも大きく影響する「幼少期の歯」を守っていくためのお話を保護者様を対象に1時間ほどさせて頂きました。

ムシ歯は、歯の強さである「歯質」と、食事などから摂る「糖質」、ムシ歯の基となる「細菌」、そしてこの3つに関わる「時間の関係」のメカニズムによってできてしまいます。

セミナーでは、「ムシ歯のメカニズム」についての解説や、年齢ごとに適した歯磨きの方法などをお伝えしました。

スクリーンショット 2018-09-11 1.33.07

セミナー中は、子どもたちが楽しめるようにと考え、診療室内ではお子様向けの「歯医者さん体験」を企画しました。

診療室には、いつもの院内とは少し違って、とても賑やかに子ども達の声が響いていました。

スクリーンショット 2018-09-11 1.33.19

このセミナーを通して、お子様の歯の守り方や、歯の大切さを知っていただければと思います。

また、子どもたちには、楽しい体験を通して「歯医者さんは怖くない」という気持ちや、将来は歯医者さんで働きたいと思ってもらえれば、私たちにとって、とても嬉しいことです。

2018.8月号vol.40

骨を壊す咬合性外傷

「咬むと奥歯が痛む」「歯が浮いたような感じがする」「歯が動く」という症状はありませんか?

このような症状によって、ムシ歯や歯周病を疑い来院される方も多くいらっしゃいます。

実際に、『ムシ歯』や『歯周病』が原因となっている場合もありますが、悪い咬み合わせが原因の『咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)』による場合も少なくありません。

『咬合性外傷』とは、歯に過度の力が掛かることで、歯の周りに炎症が起き、歯を支える骨が壊されてしまうことです。

『咬合性外傷』のほとんどは奥歯に起こりますが、問題は前歯の悪い咬み合わせによる場合も多くあります。

悪い咬み合わせは、歯並びのほかにも、抜けてしまった歯を放置するなどで引き起こる歯の移動や、歯ぎしりや食いしばりによる歯のすり減りなど、多くの原因があります。

また、歯の治療をしたときの「被せ物」や「詰め物」が正しい咬み合わせになっていないことが原因となることもあります。

歯を支える大切な骨を壊してしまう『咬合性外傷』の、予防・早期発見のためにも、当院では初めて来院されたときや、メンテナンスなどで咬み合わせの検査も実施しております。

2018.8月号vol.40

熱戦!サッカーワールドカップ!

少し前になりますが、日本中を熱くしたサッカーワールドカップが7月15日のフランスの20年ぶり2回目の優勝で終了しました。

日本代表の熱い戦いを観て、寝不足で次の日が辛かったという方も多かったのではないでしょうか?

特に、決勝トーナメント「日本VSベルギー戦」は、朝3時からにもかかわらず高い視聴率を記録していました。

私も眠い目をこすりながらテレビをつけましたが、試合は眠気を吹き飛ばす素晴らしい内容で、日本が2点リードした時には本当に勝つのでは!?と、大きな期待に雄叫びをあげました!「ウオォォー!!」

日本と対戦したベルギーには、1980年代~1990年代に活躍した「シーフォ」という選手がいました。

当時は、欧州を代表するサッカー選手で私の憧れの選手の一人でした。

残念ながら日本はベルギーに敗れてしまいましたが、日本戦後はベルギーの優勝を信じて応援しました。(ベルギーは3位でしたが、、)

4年後のワールドカップ日本代表には今大会以上の活躍を期待し、私も代表にいつ招集されても良いようにトレーニングを継続していきます!