2021.10月号vol.78

口腔がんや口腔粘膜疾患を見逃さないために

当院は、口腔がんや口腔粘膜疾患を出来るだけ早く発見し、早期治療に取り組んでいます。

口腔がんや口腔粘膜疾患は、小さな異常も見逃さないことが大切になるため、来院されるすべての患者様のむし歯や歯周病、噛み合わせの診査だけでなく、口腔粘膜の状態についてもしっかり確認しています。

治療受診のときだけでなく、メンテナンスで通院される方についても、むし歯や歯周病、噛み合わせの確認だけでなく、口腔粘膜についても前回の来院時と変化がないかを確認をしています。

口腔がんや口腔粘膜疾患を予防するためには、日頃から口腔内の健康状態を維持していくことが重要になり、合わない被せ物や入れ歯もリスク要因となります。

また、喫煙や過度な飲酒もリスクを上げてしまうため、メンテナンスに加えて、正しい生活習慣を意識することも大切です。

2021.10月号vol.78

お口の病気 ~口腔粘膜疾患~

先月号のきららi通信(9月号vol.78)では、自覚がないままに進行する恐れのある口腔がんについてお伝えしました。

口腔内の歯以外の組織を口腔粘膜と言い、口腔粘膜には、口内炎のように小さな症状から、口腔がんのように生命に関わる病気のリスクがあります。

口腔がんには、舌がん・頬粘膜がん・歯肉がん・口蓋がん・口底がん・唾液腺がんと6種類もあり、口腔粘膜の全ての部分に発生する可能性があります。

口腔粘膜には、口腔がん以外にも注意しなくてはいけない疾患もあり、総称して口腔粘膜疾患と言います。

口腔粘膜疾患にも多くの種類がありますが、そのほとんどは、潰瘍、腫瘤、水疱などの症状を呈する疾患になります。

お口の中は、歯や飲食による刺激を受けやすいため、安静な状態が保たれにくいことや、口腔細菌の感染による影響も受けやすいことが口腔粘膜疾患の原因になります。

また、口腔粘膜疾患の症状は多岐にわたることや、症状が変化していくため、診断や原因の特定が難しい場合もあります。

2021.10月号vol.78

常に新しい歯に変わっていくサメの歯

人の歯は、乳歯から永久歯に生え変わりますが、永久歯を失ってしまうと、もう次の歯が生えてくることはありません。

ウサギの歯や、ネズミの前歯、カバの犬歯は失っても生えてくることはありませんが、一生伸び続けることをご存知でしょうか?

また、サメは1本でも歯を失うと、すぐに下から新しい歯が入れ替わるように現れます。

サメの種類で異なりはありますが、その口の中には6~20列の歯が並び、一番手前の歯を失ってもすぐに後列の歯が補充される仕組みになっています。

サメには、歯を支えるための歯槽骨(しそうこつ)や歯根膜(しこんまく)がなく、抜けやすい構造になっており、2、3日ごとに歯を交換し、常に鋭い歯が最前列に並んでいます。

人には、歯槽骨(しそうこつ)や歯槽骨(しこんまく)があり、しっかり歯を固定していますが、歯周病が進行すると歯槽骨と歯根膜は破壊され、いずれ歯は抜け落ちてしまいます。

サメのように、歯を失っても新しい歯が生えてこない人にとって、大切な歯を守っていきましょう。

2021.9月号vol.77

口腔がんを早期発見するメンテナンス

歯ぐきや舌など、口腔内の歯以外を口腔粘膜と言い、口腔粘膜には細菌の侵入を防いだり、痛覚、触覚、温度覚を伝える役割や、免疫的防御機能も担っています。

口腔粘膜の病気でイメージが強いのは「口腔癌(こうくうがん)」ではないでしょうか?

口腔癌は、大きく進行するまで痛みが出ないこともあり、初期の段階では口内炎に似ていることから、本人が自覚するまでに時間がかかる場合が多くあります。

世界的にみると、先進国では口腔癌での死亡者数は減少傾向にありますが、残念ながら日本においては増加傾向となっています。

先進国において、日本では歯科定期メンテナンス受診率が低いことが、口腔粘膜異常の発見が遅れる大きな要因となっています。

当院では、初めて来院された方や定期メンテナンスで来院された方への検査として、むし歯や歯周病だけでなく口腔粘膜の状態も診査し、口腔粘膜に問題がある場合は口腔外科専門医院と連携することで、早期発見、早期治癒に努めています。

2021.9月号vol.77

第3回歯科臨床年間コースセミナー

7月10日(土)11日(日)は、日本トップクラスの歯科医師勉強会グループ SJCD が主宰する年間コースセミナーの第3回目に参加しました。

この年間コース1回目については、きらら通信6月号でお伝えしておりますが、口腔の総合的診査・診断や治療計画について学び、

2回目は、歯周病概念や歯周病の外科治療について学びました。

今回は、咬合器という人の噛み合わせを再現できる機器を使用して、咬合(噛み合わせ)理論とともに咬合臨床について新たな知識と技術を得ることができました。

噛み合わせに問題があると、顎の痛みだけでなく、特定の歯に過度の力がかかることで歯が痛くなることもあり、その状態が長期間続くことで歯や歯の根が割れてしまう場合もあります。

むし歯や歯周病のように細菌が原因となって歯を失うことが注目されますが、噛み合わせのように口腔内の力のバランスを整えることも、歯科医療では欠かせない分野となります。

当院では、治療だけでなく、噛み合わせに注意が必要な方については、定期メンテナンスの際などに噛み合わせのチェックも行なっています。

2021.9月号vol.77

大谷選手とマインドマップ

現在、メジャーリーグで二刀流として大活躍をしている大谷選手は高校時代に「8球団からドラフト1位指名」という目標を立て、その目標に向かうために必要なことを図にしていました。

このような図をマインドマップなどと呼びますが、近年では多くの企業でも取り入れられています。

マインドマップは、1960年代にイギリスのトニー・ブザンが考案したもので、頭の中にある思考や連想されていくことを「見える化」するための仕組みです。

マインドマップは、創造性を高め、記憶や学習、発想などに高い効果を発揮すると言われており、一目で自分のやるべきことが把握できるツールのため、仕事や勉強だけでなく私生活でも活用できるのではないでしょうか。

マインドマップは、もちろんノートに手書きで作成することもできますが、作成を分かりやすく進めることができる無料アプリもたくさんありますので、目標がある方や考えがまとまらない課題がある方は、是非お試しください。

2021.8月号vol.76

山本歯科クリニックの歯の根の治療

歯の根の治療は、治療後の歯の寿命に大きく関係する治療の一つです。

当院の「歯の根の治療(根管治療)」では、治療前のCT撮影をおこない、歯の根の形や向きを確認するための3D画像診断によって、精密な診断と治療へと繋げます。

治療では、マイクロスコープを使用することで、患部を最大20倍まで拡大した視野で治療することができるため、細菌をしっかり取り除き、問題が繰り返されるリスクを最小限に抑えた精度の高い治療に取り組んでいます。

また、治療中は患部に唾液が付着することで細菌が侵入してしまうため、当院では治療する歯にラバーダムシートを装着し、より衛生的な治療環境で質の高い歯の根の治療を行なっています。

歯の根の治療は、抜歯の一歩前の治療であり、何度も治療を繰り返すことが難しいため、特に精密な治療が重要になります。

生活習慣、セルフケア、メインテナンスに加えて、質の高い治療を受けることが大切です。

2021.8月号vol.76

夏の大ミーティング2021

7月8日(木)は、休診をさせていただき、山本歯科クリニック恒例の大ミーティングを行いました。

大ミーティングでは、山本歯科クリニックの理念や目指す診療、最善の歯科医療に取り組むためのチーム医療を共有することを目的に行なっています。

今回の大ミーティングでは、当院の「真摯に向き合う」というコンセプトから、患者さんの気持ちに向き合う大切さをスタッフとディスカッションしました。

患者さんにとって最善の治療に繋げるためには、信頼関係がとても大切になるため、私たちはお口の状態だけでなく患者さんの気持ちに寄り添う姿勢も忘れてはいけないと考えています。

そのほか、治療の際に患者さんの過度な緊張や麻酔による容態の急変に対する救急対応についても再度認識を深め、万が一の場合にも冷静に対応できる対策を確認しました。

今後も、スタッフ全員とクリニックの改善点を見つけ話し合い、より良い歯科医療に繋げていきます。

2021.8月号vol.76

バランスが大切な自律神経

最近、疲れや眠気、動悸や息切れなどを感じることはありませんか?

このような症状がある場合、自律神経が乱れているせいかもしれません。自律神経は、末梢神経の1つで、自分の意思で動かす運動神経などの体性神経とは違い、自分の意思で動かすことができない神経です。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つの神経バランスが大切と言われています。

自律神経の良いバランスを保つためには、生活習慣と食習慣、適度な運動という健康維持にも欠かせない3つの要素が大切です。

生活習慣では、寝起きから神経を興奮させないためにも少し早起きして余裕のある行動と1杯の水を飲み、陽の光を浴びることや、就寝の1時間半前に入浴することが効果的です。

食習慣では、お酒やタバコは控え、免疫細胞の75%が存在する腸を整えるために、食物繊維(発酵食品・納豆・チーズ・味噌汁)を意識的に摂取すると良いでしょう。

運動は、あまり激しくない方が良く、30~40分のウォーキングが効果的です。

また、根拠のない焦りや不規則な生活はできるだけ避け、音楽鑑賞や笑顔でいることを増やすことで気持ちを安定させることも自律神経を整えるために効果があります。

2021.7月号vol.75

世界基準で学ぶ歯科衛生士セミナー

6月16日(水)は、毎月実施している歯科衛生士ミーティングの時間を利用して、歯科衛生士オンラインセミナーを院内で受講しました。

このセミナーは、毎月全7回のコースで行われ、歯科衛生士として世界基準の歯周病治療について学びます。

第1回目の今回は、歯科衛生士の視点からの歯周病治療と概念についての講義を受けました。

歯を失う原因で最も多いのが歯周病ですが、歯だけではなく全身の健康にも深い関わりがあります。

歯周病は、心筋梗塞や脳梗塞、認知症などと関係がありますが、特に糖尿病との関係は深く、世界的にも注目されています。

セミナーでは、様々なデータや治療モデルをもとに、歯周病のメカニズムや具体的な治療経緯を学ぶことが出来ました。

当院は、世界基準の歯科医療を学び、地域の健康に貢献できる歯科クリニックを目指しています。