2020.2月号vol.58

本当は複雑な歯の根(神経)

昨年の10月からスタートした「全6回歯内療法セミナー」も3月の修了に向けて順調に進んでいます。

歯内療法とは、歯の根の治療のことですが、歯の根には神経もあるため、治療した歯のこれからの健康にも影響する重要な治療分野の一つです。

ムシ歯になると、ムシ歯菌は少しずつ歯の内部中心にある神経に向かって進行していき、神経がムシ歯菌に感染したときの治療が歯内療法になります。

「歯の根(神経)」と聞くと、皆さんはどのような形をイメージするでしょうか?

イラストなどの歯の中を1本の線が通るようなイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、実際の歯の根(神経)の形は、個人差があり、とても細く複雑な場合もあります。

当院では、複雑な歯の根(神経)の治療でも、高い治療精度を目指すためにマイクロスコープを使用するほか、治療中にお口の細菌が歯の根に侵入することを防止するラバーダムも使用することで、質の高い歯内療法に取り組んでいます。

このセミナーでは、難しい症例に対して出来るだけ治療の成功率を上げるための深い知識と高い技術の習得を目指しています。

2020.2月号vol.58

歯を守り続けるために

皆さんは、『なぜ年を重ねるうちに歯が失われていくのか?』と考えられたことはないでしょうか? 

ムシ歯治療によってムシ歯にならない歯になれば、歯は失われずに済むかもしれません。 

しかし、治療を受けた歯が数年後にまたムシ歯になってしまうこともあるため、歯科治療を受けたからといって『これで大丈夫』『この先もずっと健康』ということにはなりません。

自然治癒力のない歯をどのようにして守っていくのか?

その為には『なぜムシ歯になったのか?』の原因や経緯を理解し、その上で、繰り返さない、または進行を遅らせる為の予防がとても大切です。

予防のためには、歯磨きなど毎日の正しいセルフクリーニングがとても大切になります。

また、歯科医院で定期的にお口のメンテナンスによる予防や、問題を早期に発見することも大切です。

当院では、皆様のお口の健康をお守りするために、定期検診をご案内しております。

2020.2月号vol.58

舌の機能を守るベロタッチ

「噛む」「飲み込む」機能が全身の健康に重要な役割があることをご存知でしょうか?

飲み込む機能には、歯以外にも「舌」の役割も大切です。

舌は、食事のときに、食べ物を固めたり、丸めたりする働きのほか、会話をするうえでも欠かすことができない役割を持っています。

舌が正常な運動ができないと、食べ物を飲み込みにくくなったり、だ液の分泌が悪くなることで、お口の中が乾燥することもあります。お口の乾燥は、誤嚥性肺炎やムシ歯など、様々な健康リスクを上げてしまいます。

舌の機能を維持するための『ベロタッチ』という運動があります。

ベロタッチは、歯ブラシで舌の先端や左右の3箇所を3回ずつ優しくタッチする運動で、だ液の分泌を促進することで、飲み込む機能の向上や発音がしやすくなるなどの効果があります。

最近、会話がしずらくなった、お口の中が乾燥するという方は、ぜひお試しください。

2020.1月号vol.57

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月は、長く休みがとれたという方も多かったと思います。また、新年ということで新たな目標を立てた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当院は、今年の5月に開院5周年を迎えるあたり、改めて患者様はじめ、地域の皆様や、共に働くスタッフへの感謝の気持ちを忘れず、基本を大切にしっかり歩んでいきたいと思います。

2020年の山本歯科クリニックも、患者様の健康や気持ちに向き合い、笑顔につながる診療を目指し、健康につながる質の高い歯科治療と、健康を守り続ける予防歯科を届けて参ります。

また、今年の夏には東京オリンピック開催や、オリンピック種目のマラソン・競歩は札幌で行われることになったため、大きな盛り上がりを期待しています。

本年も「山本歯科クリニック」をどうぞ宜しくお願い致します。

2020.1月号vol.57

子どものためにも大切な親御さんの健康

お子様のお口の健康を守っていくためには、一緒に住む家族のお口の健康も大切です。

特に、家庭で子どもと生活の長い時間を過ごすことが多い方のお口の健康状態は、子どもへの影響も大きくなります。

親御さんのお口の中に、むし歯菌や歯周病菌などの悪い細菌が多い場合は、子どもにその細菌が感染する可能性も高くなってしまいます。

そのため、当院では「だ液検査」を受けていただくことで、現在のお口の性質を診断し、親御さんのお口の性質が健康的でない場合には、適切な診療プログラムによって健康なお口を目指します。

ご家族のお口が健康的でない時期には、お子様とお箸やコップの共有は避けた方が細菌の感染リスクの軽減に繋がります。

また、お子様が3歳になるまでは、お子様のお口の環境を衛生的に保つことが大切になりますが、3歳以降も定期的に歯医者さんでお口のメンテナンスを受けることで、将来の健康に繋がります。

ご家族と子どもにとって、安心できるスキンシップのためにも、家族みんなのお口の健康を守ることが大切です。

2020.1月号vol.57

上江別小学校 就学児健診

昨年の11月27日(水)は、今年の4月に新一年生になる子どもたちのお口の健康状態を診察する「就学児歯科健診」を行うために上江別小学校に行ってきました。

これから通う小学校に興奮気味の子や、少し緊張している子など、その様子は一人ひとり違い、とても微笑ましく見えました。

私は、2018年の9月に上江別小学校の学校歯科医に任命され、これまで学校健診のほか、昨年の7月には3年生を対象にした歯磨き教室なども行なってきました。

今回健診した子ども達の歯は、上江別小学校に通う子ども達と同じように、全体的にムシ歯が少ない健康的なお口の状態でした。

近年の子どもは、親御さんの意識の変化もありムシ歯は減少傾向にあります。しかし、生活習慣や口呼吸の影響によって、正しい顎(あご)の発育ができずに、歯並びが悪くなってしまう場合があります。

まだ乳歯が多い年齢でも、歯並びに疑問や不安がある場合には、お気軽に歯医者さんでご相談ください。

2019.12月号vol.56

令和元年を振り返って

今年も12月を迎え、2019年最後の「きらら通信」となりました。

皆さんにとって今年は、どのような一年だったでしょうか?

今年を振り返ると、5月には平成が終わり、新しい元号「令和」が始まりました。

スポーツでは、記憶に新しいラグビーW杯が9月に開幕し日本中を盛り上げ、3月にはイチローの球界引退が大きなニュースとなりました。

また、昨年に続き自然災害も多くありました。

1月に熊本、2月には北海道厚真町で震度6を超える地震や、10月には台風19号によって、全国各地に大きな水害をもたらしました。

ここ数年で、災害についての意識が大きく変わったという声もたくさん耳にしました。

皆さんそれぞれに、たくさんの出来事があったと思いますが、健康で安心できる生活と笑顔を大切に、新たな年を迎えていただきたいと思います。

2019.12月号vol.56

山本歯科クリニック2019

当院は、今年の5月で開院4周年を迎えることが出来ました。

2019年も、1月からスタートした「歯科治療スキルアップ全5回コース」や、10月からの「歯内療法セミナー全6回コース」をはじめ様々な歯科治療の技術習得・知識向上につながる学びを得る活動ができました。

学びの活動のほかには、2018年より学校歯科医に任命された「上江別小学校」で4月に「学校歯科検診」7月には3年生を対象にした「歯磨き教室」も行うことができました。

また、8月には地域の子ども達の歯を守る取り組みとして、昨年に続き「第2回子どもを歯を守るセミナー」を院内で開催し、たくさんのご家族に参加いただきました。

スクリーンショット 2019-12-09 1.18.03

来年もこれまでの取り組みを継続し続けながら、新たな挑戦をしていくことで、患者様の気持ちに寄り添える質の高い歯科医療を目指していきます。

2019.12月号vol.56

マイクロスコープ治療研修

10月26日(土)27日(日)は、山梨県で開催されたマイクロスコープ臨床研修に参加してきました。

当院でも導入しているマイクロスコープとは、治療部位を3.5倍~最大20倍までに拡大して見ることができ、より正確で安全な治療に繋げることが

できる拡大治療機器です。

マイクロスコープは、脳神経外科や耳鼻科・眼科など幅広い医療分野でも導入されており、近年は歯科医院での導入も少しずつではありますが広がりをみせています。

今回の研修では、マイクロスコープ治療で世界的にも著名な秋山勝彦先生から、直接指導いただくことができる大変貴重な時間となりました。マイクロスコープを使用した拡大治療の質を上げるため特殊な実習を繰り返し行い、拡大した視野で治療精度を向上させるための技術を学びました。

今後も日々の研鑽を続け、質の高い歯科治療を目指します。

2019.11月号vol.55

えべつ健康フェスタ2019

10月6日(日)は、野幌公民館で開催された「えべつ健康フェスタ2019」に運営サポートとして参加しました。

このイベントは、江別市の主催で毎年開催されており、今年も地域の方々を中心に150人ほどの来場をいただきました。

私は、札幌歯科医師会江別支部が出展した「お口の健康チェック」コーナーを担当しました。

このほかにも、イベント会場では、様々な健康チェック体験ブースをはじめ、むし歯予防のフッ化物洗口体験や、体力チェックなども行われました。

また、特設会場には、江別の農家さんが中心となって活動をされている週末1日だけの特別な野菜直売所「ふたりのマルシェ」さんが出展されており、大盛況の様子でした。

このような地域に根付いた「食と健康」をテーマにした活動の大切さを身をもって体験できた1日となりました。