2019.10月号vol.54

大切なセルフケア

現在は、むし歯や歯周病の予防意識が高まり、歯科医院でお口のメンテナンスを定期的に受診されている方が増えています。

一方で『歯科医院でメンテナンスを定期的に受診しているから大丈夫!』という安心感から、毎日の歯磨きなどのセルフケアを怠ってしまう方も目立つようになりました。

歯科医院でおこなうメンテナンスは、歯科医師や歯科衛生士が専用の器材を使用し、日頃の歯磨きよりも効果的にお口を衛生的な環境にすることが出来ます。

しかし、お口の健康を守るためは、正しく正確に毎日のお口のケアをすることが欠かせません。

自分自身のお口の問題箇所や特徴を理解することで、磨けていない箇所や気をつけるべきポイントを効果的に衛生な環境にするためのセルフケア技術の向上が大切です。

当院では、一人ひとりの患者様に合わせたセルフケアをお伝えし、健康なお口を守り続ける歯科医院を目指します。

広告

2019.10月号vol.54

ビタミンで口内炎対策

食事や会話をするときに痛みを与える「口内炎(こうないえん)」ができてしまった経験がある方は多いと思います。

一般的な口内炎は、正式には「アフタ性口内炎」といい、頬(ほほ)の内側や歯ぐきなどの粘膜におこる炎症です。

口内炎の原因には様々な要因がありますが、原因の一つになるのが栄養摂取状態で、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCには、「アフタ性口内炎」の予防効果や治りを早める効果があります。

ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCには、粘膜の修復効果や細菌への抵抗力を高める働きがあり、『ビタミンB2』には、新陳代謝を高める効果もあります。

また、『ビタミンB6』には疲労を回復する効果や、肌荒れを改善する働きもありますが、妊婦さんや頻繁に飲酒する方は不足しがちになる傾向もあります。

『ビタミンC』は、ストレスによる抵抗力を高める効果もあり、美容や健康に良いといわれています。

毎日の食事の栄養から、口内炎対策を含め様々な効果が期待できます。

2019.10月号vol.54

イクラは痛風の原因になる?

痛風(つうふう)という疾患をご存知の方は多いと思います。

痛風は、血液中の尿酸という物質が多くなることで、関節内に尿酸の結晶をつくり、足の指などに激しい痛みを感じる関節炎を起こす病気です。

痛風になられた方は、美味しいものを食べすぎ、ビールの飲み過ぎ、魚卵の食べ過ぎなどと言われていますが、少し誤解があるようです。痛風の原因となる「尿酸値の上昇」は、食習慣・飲酒だけではなく、遺伝的要因やストレス、薬剤の影響、腎機能低下や血液の病気が影響することもあります。

痛風の原因となる「尿酸値の上昇」の要因となる『プリン体』は魚卵に多く含まれていると言われていますが、魚介類を比較すると、食材100gあたりのプリン体は、

【いわし:約210mg】【エビ:約195mg】【マグロ:157mg】で「いくら」は約3.7mgしか含まれていません。

また、尿酸値を抑えるためには、ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動が有効です。

現代では、健康について様々な情報が溢れていますが、正しい知識を得ることが大切です。

2019.9月号vol.53

第2回 子どもの歯を守るセミナー2019

8月3日(土)は、夏休み企画として『第2回子どもの歯を守るセミナー』を開催しました。

昨年に続いて開催した『子どもの歯を守るセミナー』には、たくさんのご家族に参加いただき、ありがとうございました。

当院は、開院当初より痛くなってから通院する歯医者さんではなく、歯が痛くならないための歯医者さんとして予防歯科に取り組むことで健康な歯を守り続ける歯科医療を目指しています。

スクリーンショット 2019-09-13 17.50.18

今回の『子どもの歯を守るセミナー』では、むし歯ができる原因や、むし歯予防のフッ素についてのほかに、お口のメンテナンスやお子様の矯正治療についてもご説明しました。

また、子ども達にとって痛い怖い歯医者さんではなく、明るく楽しい歯医者さんであることが子ども達の健康な歯を守るための一歩であると考え、楽しく遊べて、楽しく学べる「歯医者さん体験」も企画しました。

スクリーンショット 2019-09-13 17.50.26

子ども達を対象とした「歯医者さん体験」では、診療で使用する機器を使って実習用模型の歯をきれいにする体験や、拡大治療で使用するマイクロスコープで実際の歯を見て、歯の中の仕組みを知ってもらうことができました。

そのほかにも、診療で使用する石膏(せっこう)で指の型取り体験など、普段は見ることがない歯科材料に触れてもらい、歯医者さんを身近に感じてもらえたと思います。

今後も、地域の皆様にお口の健康の大切さを伝える活動や、大切なお口の健康の守り方をお伝えしていきたいと思います。

2019.9月号vol.53

上江別小学校で歯磨き教室

7月17日(水)は、上江別小学校で3年生を対象に歯磨き教室を実施してきました。

歯磨き教室には、私(山本)と歯科衛生士の3人で訪問し、歯科衛生士からは、ばい菌とおやつの関係のお話や正しい歯の磨き方、私からは歯医者さんでお口のメンテナンスを受ける大切さのお話をしました。

子ども達には、自宅で使っている自分の歯ブラシを持ってきてもらい、正しい歯磨きの方法を伝えました。

子ども達の中には、私のことを知っていてくれている子もおり、ほかの子ども達も積極的に参加してくれました。

歯磨き教室の中で、「歯医者さんが好きな子ども」や「定期的にメンテナンスを受けている子ども」が多くいたことにはとても嬉しく思いました。歯医者さんは「怖いところ」ではなく、「大切な歯を守ってくれるところ」という意識を広げていく活動にも取り組んでいきたいと思います。

2019.8月号vol.52

大ミーティング2019・夏

7月20日(土)は、山本歯科クリニック恒例の半年に一度の『大ミーティング』を行いました。

今回の大ミーティングでは、上半期を振り返り、成果や課題をスタッフ全員で共有するほか、チーム医療についても再確認しました。

当院には、受付・歯科衛生士・トリートメントコーディネーター(兼歯科助手)が在籍しており、それぞれの専門分野で患者さんと向き合い、患者さんの健康を守るためのチーム医療を目指しています。

受付は、一つの間違いが直接患者さんにご迷惑を与えてしまう診療の予約や会計を担当したり、診療室からは見ることが出来ない待合室や患者様の様子を把握するなど、細心の注意力と幅広い視野が大切です。

歯科衛生士は、お口の健康を守るために歯科予防の豊富な知識・高い技術の向上を目指すと同時に、患者様の治療についてのご希望や不安などを受け止める優しい気持ちが大切です。

トリートメントコーディネーターは、患者さんの想いや生活に寄り添い、患者さんとクリニックの架け橋の役割を担っています。

これからも一人ひとりの患者様に、チーム医療で取り組み続けます。

2019.8月号vol.52

噛む食事で顎(あご)の発育促進

正しい顎(あご)の発育は、歯並びやお口の健康につながることをご存知でしょうか?

人の上顎(うわあご)の発育は10歳頃までに終了し、下顎(したあご)は12~14歳頃に発育のピークを迎えます。

この顎の発育期に発育不足があると歯の収まりが悪くなり、歯並びに問題が起きてしまう場合もあります。

近年は、顎の発育不足によって歯並びが悪くなってしまったり、呼吸を鼻ではなく口でしてしまう口呼吸の子供が増えているといわれています。顎の発育不足には、いろいろな原因がありますが、その一つに食生活の変化があげられます。

食べやすい・飲み込みやすい食習慣が歯並びだけではなく、お口の健康に様々な影響を与えています。

顎の発育改善や綺麗な歯並びを目的とする矯正治療もありますが、まずは正しい食事によって、健康的な顎の発育を目指しましょう。

スクリーンショット 2019-08-18 15.44.36